HIRAKU
人にやさしいプロジェクト
概要

 〜ご挨拶〜

 私が がんと共に歩むようになったのは、2012年1月、子宮頸がんが見つかり子宮全摘出術をし、転移なし追加治療なしの早期発見からでした。
その後2013年に 後遺症の下肢リンパ浮腫を発症。今のところ完治は難しい病気の発症は不安しかありませんでした。
その不安から「リンパ浮腫になっている人は、私しかいないのでは?誰か一人でも同じ病気の人と話したい」と思い、2015年8月「リンパ浮腫情報交流サイト〜シエスタ」と、交流会「シエスタの会」を始めました。
同じ病気の方との交流は「一人じゃない」と思える、私の心のケアサポートとして大きな支えとなりました。
その後、手術から5年目2017年3月、子宮頸がんが再発・11月末に
は再々発となりました。
「もう大丈夫」と思っていた時のガンの再々発は、「もう後がない」と不安
のつのる日々。
どのような思いでがんと向き合えば良いのか、悶々とする思いでした。
その時、これまで続けてきた「リンパ浮腫交流会」でのシェアリングを、がんサバイバーの方と共有したいと思い、仲間と2019年一般社団法人「HIRAKU人に優しいプロジェク」を立ち上げました。
今は2人に一人がガンになる時代です。ガン医療は日進月歩。新薬の開発もどんどん進み有難いことなのですが、そのスピードに私たちがんサバイバーの心は 追いついていないように感じています。
ですから「HIRAKU人にやさしいプロジェクト」では、がんサバイバーの方々への心のケア・サポート活動を中心に全国を巡り、がんサバイバーの方々との交流場を広げていきたいと思います。
「笑顔のために」今できることを 今やっていきます。
お付き合いのほど どうぞよろしくお願いいたします。
 

理事長 古村比呂

一般社団法人
HIRAKU 人にやさしいプロジェクト

名称

一般社団法人HIRAKU 人にやさしいプロジェクト

理事長

古村比呂

理事

吉冨利昭

理事

曽我祥子

理事

池川友和

設立

2019年10月16日

HOME | HIRAKU 概要